NEWS

アルバム『Because』オフィシャルインタビュー

気持ち真っ直ぐな10-20代の青春模様から、経験を重ねたからこそ抱く30-40代のあきらめと希望の入り交じる現実を見据えた日々。やがて老齢期に覚える達観した人生観。そんな人生の機微を、胸に染みる言葉を塗して形にしたのが、The Benjamin2ndフルアルバム「Because」。

 

20205月で結成5周年を迎えるThe Benjaminが、212日に3年ぶりとなる2ndフルアルバム「Because」を発売する。本作を作るにあたり、メンバーは「少年少女が大人になるために必要な"ハピネスの根拠"を、ここには詰め込んだ」と伝えてきた。

 彼らは、「ボヘミアンユースブルース」を通し「無限と言われた可能性には 実は期限があって」と歌いかけてきた。「バオバブの樹の下で」には、「なりたくなかった人にも今はなれない」と現実を直視する言葉を提示。そして「Because-Love is here-」を介し、「ずっと側にいるよ何時も側にいるよ それが答えとやがて知るんだ」と、幸せを求め続けてゆく中で得た、一つの答えを示してきた。

 まだ、未来を無防備なほど純粋に捉え、我武者羅に信じた想いへ全力でぶつかっていた10代や20代。ときには挫折も含め、様々な悩みや葛藤を繰り返し、その中で見えてきた夢と現実の境目を知る30代や40代。その後にきっと感じるであろう、人生を達観視した老齢期の自分

 もちろん、アルバムには「望遠鏡」や「Boycott」「ビスケット」のような甘酸っぱい青春心をくすぐる楽曲も随所に散りばめられている。でも同時に、先に触れた曲たちや「ブラウス」に綴った「もう一度ゆっくりと一つずつボタンを掛け直すんだ」という気持ちのように、その経験や年月を重ねたからこそ心に染みる人生の教則となる現実味を帯びた歌たちも、幾つも顔を覗かせている。

 Because」というアルバムには、ここまで歩んだ人生の中、様々な機微(喜びや悲しみなどの経験)を重ねた人ほど、自分の生き方と照らし合わせ心頷く楽曲が数多く詰め込まれている。30代のMashoeTacky40代のMiney、世代の異なるメンバーが作り出す、その世代の感覚らしい解釈を持った曲たち。同じ、人生の幸せの見つけ方でも、30代と40代ではこんなにも解釈が違うんだという面白さもきっと感じるはずだ。

 偉大な音楽の創造者たちの集まりだったビートルズを敬愛するThe Benjaminのメンバーたち。ビートルズの影響を、愛を持ってオマージュ。そのスパイスを巧みに取り込み創りあげた曲たちは、どれも胸を揺さぶる良質な歌ばかり。まさに、幸せを求める人たちの人生に寄り添う親友であり、気心知れたアドバイザーのようなアルバムが「Because」だ。

 ここからは、その内容を窺い知れるメンバーたちとのやり取りをインタヴュー形式を持って紹介していきたい。

 

 

Because」というアルバムは、30代以下の人たちほどMashoeの楽曲が心に刺されば、40代以上の人たちはMineyの書いた歌のほうが胸に染みる作品。

 

――3年ぶり、2枚目となるフルアルバム「Because」が、完成。メンバーも素敵な年齢の重ね方をしているからでしょうね、人生の指針となる深みを覚える歌詞がとても多い印象を受けました。

Miney   メンバー3人はもちろん、The Benjaminの音楽を長く聴いてくれるファンたちも僕らと同じように年齢を重ねていく。もちろん、幾つになっても青春の息吹を覚える楽曲も必要だけど、大人だからこそ胸に突き刺さる音楽も届けていきたいというか、それが、今の等身大なメンバーたちの作る歌かなと思って。

――だから、30代のMashoeさんやTackyさんの作った楽曲と、40代を迎えたMineyさんの作る楽曲では解釈の深さが異なるというか、生きてきた年輪の違いによる表現や解釈の差が生まれているわけですね。むしろ、それを如実に感じるところが、アルバム「Because」の面白さでもありますが…。

Miney  あー、言われてみると確かにね。俺が10年前に書いていたような歌詞を今のMashoeTackyが書いてるという解釈は、あながち間違いではないかも知れない。実際に自分の楽曲を振り返っても、僕がThe Benjamin活動前に書いていた時期のような甘酸っぱさを今のMashoeの歌詞に感じれば、Mashoeの楽曲のほうが、幅広い層に突き刺さる解釈の広さを持っているのは確か。何時しか俺のほうが、狭い層の人たちに。だけど、より深く刺さる楽曲になってきている傾向があるのかも知れないなぁ。

――自分自身が、Mineyさん世代に近いおっさんだからとくにそう感じてしまうんでしょうね。

Miney   そうか、このアルバムは30代以下の人たちほどMashoeの楽曲が心に刺されば、40代以上の人たちは俺の書いた歌のほうが胸に染みるというわけだ。

Mashoe  それって、ある意味良いことだなと思う。だって、The Benjaminの楽曲がそれだけ幅広い層の支持を得ていけるってことですよね。それって、狙おうと思ってもなかなか出来ることだけに、そこを今のThe Benjaminの強みにもしていきたいなと思います。

 

Because=何故ならば」という言葉をアルバムの大きな柱にしよう。

 

――アルバム「Because」を作るうえでどんな想いを抱いたのか、そこも気になります。

Miney 「愛」や「生きる本質」って、どこか曖昧なものじゃないですか。だからThe Benjaminとしても、そこは時に曖昧に表現もしてきたんだけど。だけど、そのテーマへ明確な理由や根拠を示したほうが、聴く人たちにとってより胸に響くものになるのではないか。そこから生まれたのが、「Because=何故ならば」という言葉。その言葉をアルバムの大きな柱にしようと決めたところからアルバム制作が始まりました。むしろ、そのテーマをしっかり見いだすまでは無理にアルバムを作るのはやめようと思っていたぶん、結果的に1stアルバムの『BEGIN』以来3年という月日を費やしたわけだけど。そこは中途半端に踏み出したくなかったように、時間をかけて良かったなと思ってますね。

――3人で「Because」というテーマを共有したうえで、アルバムの制作にも入ったわけですよね。

Miney  そうです。最初に2人へ「次のアルバムのテーマを「Because」にしたい。それには、こういう想いがあって」と伝え、そのうえで制作に入りました。具体的な言葉にするなら、「あなたにとって、それを行なう理由や根拠とは何かそれはThe Benjaminが好きな理由や根拠でもいいし、幸せを求めるための理由や根拠でもいい」。そういう話を二人にしたうえで、昨年の夏頃から徐々に制作を始めていきましね。

――Mashoeさんは、その言葉をどう解釈したのでしょうか?

Mashoe  そのテーマに合わせ背伸びをした表現をしても、自分で歌う以上そこへ無理が生じてしまう。それが嫌だったので、あくまでも「今の自分に描ける世界観」として、自分なりに解釈出来る姿勢を持って歌詞を書きました。楽曲に関しては、日々の活動の中、Mineyから「こういう曲を書いた」と聞かされるたびに、「じゃあ、自分はこういう曲をアルバム用に加えよう」「ロックでアッパーな曲も必要かな」など、その都度の話しあいというよりも、何気ない会話の中から空気を察知しては楽曲を作り、それを最終的に持ち寄ってアルバムの流れを作った形でした。

Miney  Mashoeの楽曲は、今回のアルバムの中で本当に良い仕事をしてくれた。特にアルバム「Because」では、タイトルに沿う形の楽曲を頭と最後に据え、そこで作品としての一貫性を持たせたかったし、そのために生み出したのが冒頭の「ボヘミアンユースブルース」と最後の「Because-Love is here-」になるんですけど。じつはアルバムの中で大事なポジションを担う曲って、シングルのような突き抜けた楽曲であり、1曲目の流れを受けアルバムの物語を広げてゆく2曲目を担う楽曲なんですよ。そこを気持ち良く埋める形で、Mashoeの作った「バリカン」と「ビスケット」がはまってくれた。この2曲の仕事ぶりは、本当に素晴らしいなと思ってる。

 実際「ボヘミアンユースブルース」でどっぷり心浸った世界を、「バリカン」が良い感じで肩の力を抜き、気持ちを心地好く跳ねさせ、アルバムという物語の中へ連れ出してゆく。この流れは、ほんと良い感じになったなと思ってる。

 

「ちょっと甘いよな、その考え方は」という時期を重ねてこその人としての心の成長じゃない。

 

――先にも語っていましたが、「ボヘミアンユースブルース」と「Because-Loveis here-」をアルバムの肝にしたかったわけですよね。

Miney  先に「ボヘミアンユースブルース」を通し、若さ故の衝動というべき愛を歌いたかったというか。世の中へ矛盾を感じ憤ったり、無防備に心嫉妬したり、計算ではなく気持ち動くままに愛へ染まったり。正直、いろんな恋愛を経験してきた大人からしたら、そういう姿や考え方って「ちょっと甘いよな」となるんだけど。でも、そういう時期を重ねてこその人としての心の成長じゃない。だからこそ、最初に無防備で純粋な想いを語りたかったんですよね。

――「ボヘミアンユースブルース」の歌詞の一節に、「無限と言われた可能性には 実は期限があって」という言葉を記しています。それって、年齢を重ねるほどリアルに実感を覚える言葉という印象も受けました。

Miney  その言葉の意味、確かに大人になってみないことには辿り着かないですからね。

Tacky  今、その意味がめっちゃわかります!!

Miney  「俺たち、まだ若いから余裕だよね。時間なんてまだまだあるよね」と思っていたのって、一体何歳頃までなんでしょうね。っていうか、自分たちが若者ぶっていたのって、幾つくらいまでだったんだろうとも考えたんだけど

Mashoe  30代半ば頃から、確実にそこの意識は変わりますよね。

Miney  なんなら、今でも「若者の部類に入ってる」と思いながら活動をしている自分たちがいるんだけど()

Mashoe  より達観した視点でというか、物事を広い視野で見れるようになったときが、大人になったときなんでしょうかね?

――歌詞に出てくる「真実の愛」という言葉だって、世代が変わるごとに捉え方にも変化が生まれますからね。

Miney  そう。そういうことを、この歌では警告もしているんですよ。

Tacky  だからと言って悲観しているわけではないように、共感しながらも楽しんで聴ける歌なので。

Mashoe  共感も出来るし、僕たちとは異なる感覚で受け止める若い世代の人たちには、今後の人生に於いて良いヒントになる楽曲が「ボヘミアンユースブルース」だと思います。


ブラウスのボタンを掛け直すのと同じように、自分の人生だって、まだまだ一度外して掛け直すのは自分次第で出来ること。

 

――「ボヘミアンユースブルース」を受け、「バリカン」で楽曲は一気に駆け出します。

Miney  「ボヘミアンユースブルース」や「バリカン」、続く「ブラウス」辺りは、ビートルズにも重なる匂いを感じさせるブロック。とくに「バリカン」は、3度のハモリだけではなく7thのハモリを入れて面白さも出せば、ハープとギターのアルペジオとの絡みを通し浮遊感を出した面などはビートルズもやっていたようなこと。そういう面白さも感じてもらえたらなと思います。

――「もう一度ゆっくりと一つずつ ボタンを掛け直すんだ ゆっくりでいい」と歌う「ブラウス」も、いろんな経験を積み重ねながらも、まだまだ人生のやり直しは効くんだからという気持ちへ導いてくれるように、これも胸に染みる歌ですよね。

Miney  「ブラウス」「望遠鏡」「Boycott」「BumbleBee」と続く4曲は、会場限定盤として発売してきた曲たち。それを今回、ライブで得たアイデアやスキルをフルに活かし、さらにブラッシュアップした形で新録しています。「ブラウス」に関しては、The Benjaminのファンも今やOLの方々が中心のように、そういう人たちの背中を押してあげたくて、自然と女性目線で歌詞を書きました。

 誰しもが人生をやり直すというか、整え直すタイミングを探す時期ってあるじゃないですか。自分だって、日々生きていく中で「人生をやり直そうか」と考えた経験だって実際にある。だからと言ってそれを悲観的に嘆くのではなく、「ブラウスのボタンを掛け直すのと同じように、自分の人生だって、一度外して掛け直すことは自分次第でまだまだ出来るんだから」と希望を持って背中を押してあげたかったし、僕自身が、生きてくうえで何回だってボタンを掛け直すことは出来ると思っている。だからこそ、今を悩んでいる人の背中を「ブラウス」を通して押してあげたかったんですよね。

 

BlackBoard」に描いた「締め切ったカーテン越しにみえたしょうもない自分」は、「SORA」の主人公の姿。

 

――「望遠鏡」へは、まさにMashoeさんらしい青春の甘酸っぱさが反映されています。

Mashoe  「望遠鏡」は、アルバムに収録することを前提にと、昨年の夏に会場限定先行シングルとして発売した楽曲になります。

Miney  曲調も、これまでのTheBenjaminにはなかった、分厚いサウンド感を持ちながらも疾走性も抱いたヘヴィミディアムスタイル。Mashoeの歌声も、サウンドに相まってどっしり聞こえてくるところも新鮮だよね。

Mashoe  「望遠鏡」と「BlackBoard」には、「SORA」という楽曲から続く姿を投影しています。歌詞にも、同じシチュエーションが登場するように、その辺を意識して聴いてもらえたら、より楽しんでもらえるのではないかと思います。きっと、あの頃よりも成長した主人公がここにはいますから。

Miney  続く「Boycortt」と「BumbleBee」も、昨年の夏頃からライブで演奏しているんだけど。約半年ほどライブで練り込んだことで、より「楽曲としてあるべき姿」をつかめたことから、こちらもブラッシュアップした形で収録。今、ライブでこの2曲を聴くと、より熟成した姿を楽しめるんじゃないかな。

――「Boycortt」も「BumbleBee」も思いきりライブ曲していますよね。

Miney 完全にライブを意識して作った曲たちだからね。とくに「BumbleBee」は、Mashoeがライブの中で「BumbleBee」の歌詞に合わせお客さんたちと歌の掛け合いを始めたこともあって、収録に当たっても掛け合いの演出を活かしましたからね。続く「BlackBoard」は、もともとMashoeの生誕祭のときに彼が披露したMashoeのソロナンバー。それをThe Benjaminの楽曲としてアレンジし、収録しました。

Mashoe  さっき話に出た「望遠鏡」と「BlackBoard」は、「SORA」の世界観を達観視して書いています。それこそ「締め切ったカーテン越しにみえたしょうもない自分」は、「SORA」の主人公の姿。歌詞にSORAと記せば、共通するシチュエーションも登場するように、その辺も意識して「SORA」も含め聞いてもらえたら楽しめるんじゃないかと思います。

Miney  こういう鬱々とした若者像を描くのは、やはりMashoeのほうが得意だし、似合うよね。とくに今の若者世代には、こういう感情のほうが響きやすいのかも知れないね。

 

サラリーマンにはなりたくないからとバンドを始めたわけだけど。今や、そのサラリーマンにさえなれないですからね。

 

――アルバムとしてはブリッジ的な役割を担う「バオバブの樹の下で」ですが、歌詞に記した「なりたくなかったヒトにも 今はなれない」の一節がリアリティを持って胸にズシンと響きました。

Miney  「ボヘミアンユースブルース」から「Because-Love is here-」へ至るまでの間の感情の変遷を描くうえで、まさにブリッジとなるのが「バオバブの樹の下で」。アルバムでもちょうど折り返しとなるように、耳心地の良い曲で力を抜いてもらおうとゆるっとした曲調に仕上げましたが、歌詞は意外と深い内容という。

――この歌詞へ共鳴する人も、世代が上になるほど多くなりそうな気がします。

Miney  「人間とは、自分が事故の被害者や身体へ障害を持って初めて弱者の気持ちがわかる」というのを、とある本を通して読んだんですけど。誰だって、まさか自分がそうなるとは思わずに生きているじゃないですか。「24時間テレビ」に出てくる人たち然り、「警察24時」に出てくる生活費が困窮し万引きしてしまう年配の方々やオレオレ詐欺にひっかかる高齢者の人たちなど、今は遠い世界に感じても、何時かは自分にも訪れる現実かも知れない。最近で言えばウィルスへの感染だって、「自分はかかるわけない」と思っているけど、実際にはどうなるのかわからないじゃないですか。だからと言って悲観して生きるのは違うこと。「バオバブの樹の下で」では、「世の中にはそういう現実があるように、そういう事柄から目を逸らさずに生きよう」「気付かない振りは辞めて、そろそろしっかり目を向けて生きていこうよ、そこで何かが見つかるかも知れないし」と、まだ結論はわからないけど、でもしっかり向きあおうということを歌にしています。

Tacky  僕らも、なりたくてもなれない年齢になってきていますからね。もう、公務員の試験は年齢的にも受けられないだろうし。

Mashoe  警察官や消防士にも、確実に年齢の面でなれませんしね。

Miney  世の中には、見えない年齢制限だっていろいろあること。自分の場合、サラリーマンにはなりたくないからとバンドを始めたわけだけど。今や、そのサラリーマンにさえなれないですから。

――「ビビデバビデブー」は憧れの男性に振りまわされる姿を記した歌。こういう経験のある人たちも実際いそうですよね。

Miney  歌詞が心に刺さる子もいると思う。じつはこの楽曲で狙ったのが、70年代のディスコソング。聞いてて楽しくなれる曲だからこそ、「ブラウス」のプライベートバージョンという感覚のもと、そこはもうちょっと緩い感じで楽しんでもらえたらなと思ってる。

――「ビックリ箱」は、Tackyさんナンバーになります。

Tacky  「ビックリ箱」は前に会場限定盤として出した楽曲なんですけど

Miney  アルバムにTackyのテイストも入れたいなと思ったのと、ライブですごく人気のある楽曲だからこそ、アルバムへ入れるべくして入れた形でした。しかも、この曲もブラッシュアップして収録。自分がもし高校生だったとしたら、アルバム『BEGIN』に収録したTackyの作った「バッチグー!」と、この「ビックリ箱」は一番好きになるし、「あの人はただならぬ才能がある!!」と夢中になってコピーしているんじゃないかな。

Tacky  まさに僕の楽曲は10代向け。歌詞も真っ直ぐでわかりやすい言葉を並べているように、とても伝わりやすいんじゃないかなと思っています。

 

それが愛の答えなのかも知れないね。

 

――「ビスケット」には甘酸っぱい青春の香りを覚えれば、強がる姿とは裏腹に繊細な本音の心を対比して描いている姿も見えてくるように、そこの心模様に心が疼かされます。

Mashoe  楽曲は、ストレートでアッパーなロックをと思って作りました。歌詞は、本心を伝えられずに強がってしまうんだけど、じつはとても繊細という女の子の心の内を描けたらと思い、あえて女の子目線で書きました。その裏腹な心模様が、頑固で味気ないけど本当は甘くて優しい味のビスケットのように見えたら嬉しいですね。

Miney  「バリカン」や「ビスケット」こそMashoeの一番美味しい部分が出た楽曲。まさしく、The BenjaminMashoeといえば、ここだよねという歌になっています。

――最後は、「Because-Love is here-」になります。

Miney  これまで、自分のリアルな生活の中で起きた出来事ってあまり歌詞にはしてこなかったし、そうやって語ることもないなと思っていたんですけど。親父が亡くなって2年の歳月が経過。あの当時は、親父のことを歌にしようとはまったく思わなかったけど。2年も経ってみると、良い意味で自分の中で美化されたのか、今なら親父の生きてきた人生と自分が今歩んでいる人生を重ねて書くことが出来るなと思い、この歌を書きました。

 うちの親父は物静かで、あまり物事を語らぬ人でした。だけど40代を迎え、小さい頃に見ていた背中の意味がわかってきたというか、「親父は何を考えて俺たちを育ててくれたんだろう、何を俺たちに教えようとしていたのだろうか」というのがわかるようになってきた。それを言葉にしたのが「Because-Love is here-」なんです。歌詞では、時に子供の視点になれば、自分が子供を授かり親父になったときの心境を想像して書いた言葉なども出てくるんだけど。それらを総称して「それが愛の答えなのかも知れないね」と、自分なりに結論をつけるように書きました。

 

ある程度経験を重ねてきた人たちが現実を口にしたら、それこそ夢なんて消え去ってしまうじゃない。

 

――The Benjaminは、5月で丸5周年を迎えます。

Miney  知ってる人は周知のことですが、TheBenjaminは、この3人でやってきた3つ目のバンド。前の2バンドは、いろんな理由があって続かなかったんですけど、どちらも4年半で終わりを迎えている。それまでは、「この3人でやるバンドは4年半しか続かない」という変なジンクスがあったんですけど、すでに4年半を越せば、間もなく5周年を迎えます。ちょうど4周年公演としてTSUTAYA O-WESTでワンマンライブを演ったときにも、Mashoeが「なんとしてもThe Benjaminとして5周年を迎えたい」と言ってたし、それは3人とも同じ意識でいたからこそ、ついにそのときを迎えるんだなぁという気持ちも正直ありますね。

Mashoe  むしろ、5周年という時期をしっかり楽しみたいなと思っていますからね。

――今の3人の鉄壁な関係性を見ていると、10周年どころか20周年や30周年だってあり得ることじゃないですか?

Miney  もちろん、僕ら自身まだまだ上へ行きたいし、もっとたくさんの人たちに聞いてもらいたい気持ちを持って活動をしているけど。若い頃とは違い、体調面も含め「何時までバンド活動を続けられるだろうか」という緊張感も正直あること。

――だけど、今は長く音楽活動を続けられる環境もありますよね。

Miney  ちょっと前までだったら、いろんな経験の山をいくつも超えてきた30代や40代のミュージシャンたちなら、そのまま自然体でバンド活動を長く続けていくものだと思っていたけど。むしろ今は、その年代になり音楽活動を辞めれば、バンド活動を休止する人たちも生まれている。そういうご時世と言ってしまえば、そうなのかも知れないけど。僕らは、幾つになろうと夢を売っているわけじゃないですか。にも関わらず、中には「経済的に厳しい」とファンの子たちに言ってしまう人たちもいる。自分たちだって、その状況が何時訪れるかわからないという意味での緊張感を持って活動している面は、正直あること。

――だからと言って現実を見せるのではなく、何時までだって夢を与える存在でいたいわけですよね。

Miney  そう。何故なら、お客さんが求めているのは日常の延長ではなく非日常の世界。歌の中へ日常が出ているのは良いけど、実際の音楽活動している姿を通して現実の暮らしを見せるのは違うこと。そんな姿、誰も観たいとは思ってないし、自分たちだってずっと非現実の世界で輝き続けていたい。そりゃあ、まだまだ出たての若いバンドマンや、売れてない若手芸人が貧乏をネタするのは、その後のサクセスを描くうえで有りだけど、ある程度経験を重ねてきた人たちが現実を口にしたら、それこそ夢なんて消え去ってしまうじゃない。

――確かにね。夢を与えるといえば、52日にTSUTAYA O-WESTで行なうワンマン公演「The Benjamin 5thAnniversary ONEMANTOURBoys ask Why?FINALBecause, Love is here」」は、チケット代がなんと破格の5円なんですよね。

Miney  5周年の記念日であり、そこに集まったみんなともご縁がありますようにということから、チケット代も5円でいいんじゃないかと。翌日に行なう打ち上げパーティへ参加したい方には5000円のプレミアムチケットも販売してますけど、やっぱしThe Benjamin5周年をたくさんの人たちに祝ってもらいたいじゃないですか。だからこそ、ご縁を繋げたくて5円にしたわけなんで。

 ちなみに、5周年イヤーは今年いっぱい続けるつもりのように、今後の嬉しい驚きも52日にお伝えしようと思っています。ちょうど3月より「BATTLE FEVER TOUR 2020」が始まれば、それを受けて4月よりワンマンツアーがスタート。そしてファイナルの52日・TSUTAYA O-WEST公演へと続くように、その流れを通してThe Benjamin5周年を一緒に楽しんでもらえたら僕らとしても嬉しいこと。何故ならばその答えは。それを感じにライブへ遊びに来てください。

 

TEXT:長澤智典

 

アルバム詳細はこちら
スペシャルライナーノーツはこちら

■トレーラー映像
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る